Androgenetic Alopeciaという名前の症状

よく薄毛や抜け毛が気になる人の症状のことを、AGA、エージーエーと呼んでいますがAGAというのは、ただAGAという、なんだかよくわからない名前ではなく、AGAの正式名称というのはAndrogenetic Alopeciaという名前の略称なのです。

このAGA…正式名をAndrogenetic Alopeciaという症状ですが、日本語に訳すと男性型脱毛症という名前で、主に成人男性がこの症状にかかり、悩んでいるという特徴があります。

また、このAGAですが、よく挙げられる症状としては、毛髪が薄くなっていく症状のことを指しており、どの部位から薄くなっていくのかという特定は出来ません。

さらにAGAの症状が表れ始める時期ですが、なんと壮年期の症状かと思いきや、思春期以降、誰もがかかる可能性のある症状で、薄くなっていく主な部位としては生え際とか頭頂部など、どちらか一方から薄くなっていく…もしくは両方から薄くなっていくという場合もあります。

ちなみに気になる原因というのは、男性ホルモンの影響とか遺伝、ストレスなどが主な原因ではないかと言われています。

また現在薄毛で悩んでいる方の多くが、そのほとんどの原因をAGAではないかと言われており、早い方だと20代前半からAGAの症状が出始めるのですが、その頃にはAGAが原因だと気が付いていない方も多くいます。

さらに注意が必要な事として、40代以降になるとAGAになる確率がぐんと上がるために早めの対処が必要になります。

◆参考サイト》福岡でもしもの時のAGA治療